マッターホルンの悲劇 初登頂事故の真相・真実は?イモトも挑戦!その後や現在は?【世界まる見え】

4人の遺体やその後、現在は?

下山後、捜索隊が出され落下した4人の捜索が始まりました。

3人の遺体が発見され収容されたのですが、ダグラス卿の遺体はいまだ見つかっていないそうです。

マッターホルンの悲劇が起こったその後は、違うルートからの登頂が行われ、東西南北4方向からの登頂に成功しているようです。

スポンサーリンク

 

その後マッターホルン初登頂の事故によってツェルマットは世界的に有名になり、その後の観光発展に大きな影響を与えることになりました。

マッターホルン博物館にはウィンパーの登頂道具や切れたロープなどが展示されていて、実物を見ることができます。

 

そして現在、魔物が住んでいる山と言われたマッターホルンには登頂ルートが確立され、ガイドを雇えばだれでも登山に挑戦することができます。

事前に情報を十分に収集していかないと、もしかしたら登頂に失敗したり、事故にあう危険もあるそうなので、十分注意したほうがいいでしょう。

イモトアヤコさんもマッターホルンに登頂していた!

世界の果てまでイッテQ」では世界中では世界のお祭りに参加したり、世界中の危険生物に触れ合ったりとしていますが、この番組でイモトアヤコさんはマッターホルンの登頂に成功しているようです。

私もこれ見ていましたが、すごかったですね!

感動しました。

番組とはいえ、こんな危険な企画に参加するイモトさんがすごいです。

無事に帰ってこれてよかったです 🙂

まとめ

登山って最近すごく流行ってきていると思うのですが、やっぱり危険を伴いますね。

一瞬の気のゆるみが危険となってしまうこともあるので、登山をする方は十分気を付けて行ってほしいです。

世界まる見え!テレビ特捜部」ではこの事故について《大きなウソ》と《驚きの真実》が隠されているとのことですが・・・

大きなウソとは何なのでしょうか!?

放送を楽しみにしたいと思います!

(関連記事)

グロスター公ウィリアム王子とシングルマザー彼女との恋の行方は?イケメン王子の突然死!【世界まる見え!】  

コロッセオで行われた地下競技は水を張って模擬海戦?グラディエーター(剣闘士)と猛獣の闘いが残虐!【世界まる見え】

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す