ジョンベネ殺害事件の真犯人や真相は?検死で新事実が発覚した犯人は兄!?父親・母親の現在は?【世界の何だコレ!?ミステリー】

7月27日(水)19:00~放送の『世界の何だコレ!?ミステリー』は

もっと間近で直撃取材!3時間SP】です!

今回の放送では久々に過去の事件についての放送のようです。

こういう事件って真相とか犯人がすごく気になるのですが、なんせ私はびびりなものですからこういう番組を見た数日は夜にいろんなことを考えてしまったりするんですよね・・・。

いい大人なんですが・・・。(笑)

今回は1996年に起こったアメリカでの悲劇の事件「ジョンベネ殺害事件」についての特集です!

私がまだ幼いときに起こった事件なので、事件についての詳しい内容は知らなかったのですが、真相はいまだに謎のままのようですね。

今回はそんなジョンベネ事件についてや真相・犯人について調べてみました!

このジョンベネ事件については12月15日放送の「アンビリバボー」でも特集されるようです!!

早速見ていきましょう!

ジョンベネ殺害事件とは?

この事件は1996年12月26日、クリスマスの翌日に起こりました。

とってもかわいいこの子が被害者であるジョンベネ・パトリシア・ラムジーちゃんです。

ジョンベネちゃんは美少女コンテストで何度もグランプリを受賞するほどの美貌の持ち主でした。

ということでこの事件が起こったときにはマスコミが大きく報じたようです。

 

1996年のクリスマスの日、ジョンベネちゃんと家族は友人らとクリスマスパーティーに出席し、楽しいクリスマスを過ごしていたようです。

帰りの車の中でジョンベネちゃんは眠ってしまい、父親がそのままベッドに運んだそうです。

翌日の12月26日の朝、部屋で眠っているはずのジョンベネちゃんはいなくなっていたそうです。

スポンサーリンク

母親が「ジョンベネちゃんが誘拐された」と警察に通報がありました。

階段には犯人からの脅迫状手書きで計3枚置いてありました。

その脅迫状はジョンベネちゃんのキッチンにあった黄色いメモ用紙だったそうです。

脅迫状には

警察には連絡するな、こっちから連絡する。

警察に連絡したら娘を殺す。金を用意しろ

という内容が書かれていたそうです。

連絡が来るはずだったのに、結局犯人から連絡が来ることはありませんでした。

もう一度家の中を探し回ったところ、前に探していなかった地下室でジョンベネちゃんの遺体が発見されました。

6歳という若さで生涯を終えました・・・。

 

ここで私は不思議に思ったのですが、まず子供がいなくなったら家の中をくまなく探すのではないのかな~?なんて思いますね。

ジョンベネちゃんのお父さんがコンピューター会社を経営していて、部屋数が15以上もある大豪邸だったために探しきれなかったんでしょうか?

 

見つかったジョンベネちゃんの遺体は

口がガムテープで塞がれ、

首に紐で縛った痕、

頭部への打撲傷(懐中電灯で2回強く叩いたもの)、

そして手のひらにはハートマークが書かれていました。

スポンサーリンク

なんとも怖い事件ですね。

このジョンベネちゃん殺害事件は全米を震撼させました。

 

ジョンベネ殺害事件の犯人の疑惑は両親や兄などの家族に!捜査や検死は?新事実発覚!?

 

この事件の犯人として疑惑が真っ先にかかったのはジョンベネちゃんの両親でした。

その理由として脅迫状に金を用意しろと書かれていたのですが、金額が11万8000ドルという具体的な金額だったそうです。

特に疑問は感じないように思いますが、その11万8000ドルというのが父親のその時期にもらったボーナスと同じ額だったために、ジョンベネちゃん家族に詳しい人が犯人だと示唆されていました。

そして、脅迫状に書かれた文字が母親の字と酷似していることや最初に地下室を調べなかったことなどから、ジョンベネちゃんの両親、さらには兄までもが犯人として疑われることとなりました。

こういう事件ってやっぱり最初は家族が疑われるものなんですかね?

ジョンベネちゃん事件に関しては家族がすごく疑わしいのも納得なのですが・・・。

両親は警察に疑われていることに気づき捜査に協力的じゃなかったこともさらに犯人だと疑われる原因になっていたようです。

 

このジョンベネ殺害事件では、警察が「現場維持を怠る」というとても大事で初歩的なミスを犯したために、ジョンベネちゃんの遺体に付着していたと考えられる多くの物的証拠が両親の涙などで台無しになり、捜査を難航させる結果になってしまったようなんです。

警察は両親が犯人だと決めつけていたようなので、あまり真剣に捜査を行っていなかったようですね。

これが今でもこの事件が未解決の要因にも繋がっているんでしょうね・・・。

 

そして検死の結果、ジョンベネちゃんは性的暴行を受けていたという事実も発覚しました。

この事件の目的はお金ではなく、性的暴行が目的で誤って殺害されたのではという見解もあったようです。

スポンサーリンク

 

この事件から数か月後、ジョンベネちゃんと同じダンス教室に通っていた別の女の子が性的暴行を受け誘拐されそうになったという事件が起こり、ジョンベネちゃん殺害事件と同一犯だと思われていました。

しかし、ジョンベネちゃんの両親にはアリバイがあり、両親がジョンベネちゃんを殺害した犯人だという疑惑は少し和らぐこととなります。

 

そして発覚した新事実としては

日常的に性的虐待を受けていた

首を絞められてのは殺害目的ではなく性的虐待の行動の一部

頭の打撲傷は出血量が少なかったため、死後につけられた

ということでした。

 

新事実が発覚したことで犯人逮捕につながりそうな気もしますが、内部犯行、外部犯行の両方の事実が発覚したためにさらに捜査は難航するはめに・・・。

地下室にあ外部から侵入したと思われるような形跡があったのですが、地下室の窓枠には蜘蛛の巣がかかっていたそうです。

もし犯人が地下室に侵入したとすれば窓枠の蜘蛛の巣はかかっているはずがありませんよね。

 

それに、ジョンベネちゃんの背中にはスタンガンの跡が残っていたそうですが、これはスタンガンの跡ではなく兄のおもちゃの玩具の跡と似ていたそうです。

これだと家族のだれかが犯人であるという疑惑が高まってきますよね。

しかし、ジョンベネちゃんの衣服についていたDNA鑑定をしたところ家族の誰のDNAとも一致しなかったそうです。

ますます真相な謎になっていくばかりですね・・・。

 

犯人逮捕については次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す