扇風機おばさんの今現在や昔の画像!なぜ整形した?本当の理由や原因は?第二の扇風機おばさんがいる!?【金曜プレミアム】

9月9日(金)21:00~放送の『金曜プレミアム』は

【訂正させて下さい~人生を狂わせたスキャンダル~】

今回の放送では整形により人生か狂った女性

扇風機おばさんことハン・ヘギョンさんについてです。

扇風機おばさんを初めてテレビで拝見したとき、ものすごい衝撃を受けたのを覚えています。

本当に同じ人間なのか?とさえ思ってしまいました。

その後は少しずつ手術を重ねているようですが、現在の様子はどうなっているのでしょうか?

そして整形に落ちた本当の理由はなんなのでしょうか?

なぜハン・ヘギョンさんは扇風機おばさんになったのか?昔はきれいだった!

ハン・ヘギョンさんはもともとはとてもきれいな方でした。

モデルを務めるほどの美貌の持ち主だったのですが、家が貧乏だったそうです。

そのためお金を稼ぐために日本に出稼ぎへやってきて、歌手として活動していたそうですが日本語が通じず孤独を感じていました。

そしてこれだけの美人ですから客には人気があったものの、芸能事務所から声がかかることはなかったそうです。

 

その理由を顔のせい、その顔の中でもエラのせいだと思うようになりました。

少しエラが張っている印象はありますが、顔が美人なので全然気にならなかったのに・・・。

スポンサーリンク

そしてもっときれいになりたいという思いから整形に手を染めます。

整形って1回では満足できない方も多いようですね。

ハンヘギョンさんもその一人で、1回の整形では満足することができず、何度も藪医者のところに通い体に害のないものかどうかすらわからないシリコンを注入してもらっていました。

すると、きれいだったハンヘギョンさんがこのようになってしまいました。

普通の方からすると異常に感じますが、整形に依存してしまって精神がおかしくなっていたのでこれでも満足できなかったハンヘギョンさん。

最終的には自分で食用油を注入し、取り返しのつかないことになってしまいました。

失礼ですが、人間の顔とは思えないほどになってしまいました。

ここまでこないともう整形をやめないという歯止めがきかなくなってしまっていたんでしょうね・・・。

 

体は細いのに、顔だけ大きいことから「扇風機おばさんと揶揄さえるようになったそうです。

注入したシリコンが腫瘍となってしまい、ここまで顔が腫れ上がってしまいました。

そしてその影響で呼吸困難を起こすほどになってしまったようです・・・。

整形依存症・・・。

びに対する意識がすごく強かったのはわかりますが、こんな形で失敗してしまうとはきっと思ってもみなかったでしょうね。

扇風機おばさんの現在については次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す