甲府UFO事件とは?昭和50年(1975年)に小学生が宇宙人に遭遇!【世界の何だコレ?!ミステリー】

2017年2月22日(水)  19時57分~ 放送の『世界何だコレ!?ミステリー』では

今夜はUFOスペシャル!】を放送します。

山梨県で昭和50年2月、少年2人が空にオレンジ色に光る物体を見ました。

さらに、見たことのない生物にも遭遇したといいます。

この不思議な出来事は

「小学生がUFOと宇宙人に遭遇!?」と報道され

甲府UFO事件」として知れ渡ることになりました。

 

あの日、一体何が起きたのか!?

大人になった2人が長い年月の沈黙を破り、今回特別にカメラの前で語ってくれたそうです。

甲府UFO事件とは?

甲府UFO事件とは、2人の少年がUFOから追跡を受け

さらに宇宙人と遭遇し、

奇妙な言葉で話しかけられるという衝撃の事件だったのです!

 

現場には、UFOが折ったとされる柱、

土壌には放射能などの物証も多く残されていました。

 

信ぴょう性が高そうですね!!

 

UFOに追跡された2人の小学生

1975年2月23日午後6時頃、

帰宅途中だった甲府市立山城小学校2年生のK君とY君が

上空に浮かぶオレンジ色に輝く2つの未確認飛行物体を発見しました。

 

事件現場で説明するY君(左)とK君

 

 

片方のUFOは、北に向かって遠ざかったって行ったのですが、

もう一つのUFOは2人に近づいてきて、

K君とY君の頭上で止まりました。

スポンサーリンク

 

見上げていると、UFOの底部から黒い筒のような物が地上に向かって伸びてきて、

カチリ!カチリ!

 

というカメラのシャッター音のようなものが聞こえたそうです。

 

 

当時少年が描いたUFOのスケッチ

 

 

その衝撃の光景に2人は怖くなり、逃げ出したそうです。

 

しかし、なんとUFOは2人を追ってきたんです!!

 

2人は近くにお寺(福王寺)があったので、境内のお墓に隠れました。

 

福王寺の写真

 

しばらくすると、UFOは、もう一機と同じ北の空へ飛び去っていきました。

UFOがいなくなり、安心した2人はとにかく急いで家に帰ろうとします。

 

帰る途中、曲がり角の先にあるぶどう畑の中で炎のような光を目撃しました!

2人は「火事だっ!」と思い、近づいて行きました。

 

しかしそれは火事ではありませんでした・・・

 

再びUFOと遭遇

その光は、2人を誘うように点滅していました。

 

その光まで後10mという所まで近づいたその時

光はブドウ畑の中央部に横滑りで移動し、急に青白く発光!

 

なんと、それはさっきのUFOでした!

スポンサーリンク

 

2人は驚きましたが、恐さよりは不思議と好奇心が沸きはじめ、

UFOに近づき、観察しました。

 

それは直径5メートル、高さ2.5メートルほどの円盤で、半透明な 四角い窓がいくつも付いていたそうです。

 

底部に3個の球形の着陸ギアがあり、UFOの表面には見たことのない文字が5個書かれていたそうです。

 

 

当時少年が描いたUFOと文字のようなもののスケッチ

想像しているUFOそのまんまですね!!

ザ・UFOですね。

 

少年2人が宇宙人と遭遇は次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す