カップル変死事件(滋賀県)の真相は?原因は一酸化炭素中毒だった!【アンビリバボー】

12月8日(木) 19:57~ 放送の『奇跡体験!アンビリバボー』では

滋賀県で起きた“カップルの変死事件”の真相と、クリスマスイブに全米を驚かせた“ある家族の奇跡”を放送します。

今回は【滋賀県で起きた“カップルの変死事件”の真相】について調べました。

クリスマスの奇跡についてはこちらです。

 

今年6月、滋賀県のドン・キホーテ草津店の駐車場で、車の中で異様な体勢のままで亡くなっているカップルが発見されました。

薬物の様なものは見つからず、遺書もないことから自殺は考えにくい。

しかしながら他殺だとしてもあまりに異様な死に方で、事件は謎に満ちていました。

2人を襲ったこの事件の真相とは一体!?

カップル変死事件の概要

2016年6月14日

滋賀県草津市で量販店の駐車場に止まっていた軽乗用車の車内から、

県内に住む19歳の男女2人の遺体が発見されました。

donki

2人に外傷や着衣の乱れはなく、事件か、自殺か・・・

現場を確認した滋賀県警の捜査関係者によると、

 

2人には苦しんだ痕も少しあったそうです。

練炭を使って自殺した際の状況にも似ているそうです。

しかし車内に練炭など自殺の要因となるものはなかったそうです。

 

車内には薬瓶やペットボトルなどもなく、薬物による自殺の線も薄いとみられました。

スポンサーリンク

男性の首には切り傷があったそうですが、死に至るほどではなかったそうです。

しかもナイフなどもなかったそうですので、

全くの謎に満ちた事件でした。

 

19歳って今から楽しいことがいっぱいあるでしょうに、残念でなりません・・・。

 

カップル変死事件の真相は?

約1週間かけた検視の結果は、

やはり一酸化炭素中毒

見た目でなんともないのであれば一酸化炭素中毒しか原因は思いつかないですね。

 

女性の直接の死因は吐瀉(としゃ)物による窒息死でしたが、

一酸化炭素中毒である点は男性と同じだったそうです。

 

なぜ練炭もないのに一酸化中毒になったのでしょう?

 

それは車の排気ガスです!!

まさかの車の排気ガス!?って感じです。

 

冬に雪でマフラーが詰まり一酸化中毒にと言うニュースが過去にありましたね!!

でも今回は雪もないただの駐車場・・・

原因は何なんでしょうか?!

 

カップル変死の原因は車の整備不良だった!

車両を詳しく調べると、車体の後部のバンパーが多少へこんでいたそうです。

そしてマフラーに傷が確認されたそうです。

donki2

そこで、事故等を起こしていなかったか調べてみると、

数日前にバックした際に後ろのマフラー付近を別の車にぶつけてしまっていたことが分かったそうです。

スポンサーリンク

そこで滋賀県警は、車両を死亡した2人が発見された当時と同じ状況にして、エンジンを入れるテストを行いました。

すると車を走行させている間は問題ありませんでしたが、

停車させてエンジンをふかした(アイドリング)状態にすると、車内に一酸化炭素がたまり始めました。

 

こうした検証を経て、2人の死因について

整備不良による特異な事故』と結論づけました。

自殺でも事件に巻き込まれたんでもなかったんですね・・・。

 

アイドリング状態で駐車中に一酸化炭素が車内に流入し中毒死したというもので、

発見時にエンジンが止まっていたのはバッテリーが上がったか、ガス欠が原因とみられました。

楽しく会話をしていたんでしょうか?

逃げることは出来なかったんでしょうか?

ますます辛いです。

2人に残された親族のことを考えると本当に悲しいですね。

続きは次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す