妊娠9カ月トレイシークリスマス出産の奇跡!コロラド州で死んだはずの母子に起こった出来事とは?【アンビリバボー】

そこにはトレイシーさんの心臓が止まった音が鳴り響き、

医師たちの殺気立った声がざわめく中、

まだ事態を飲み込めず呆然とするマイクさん。

 

何か言われても頷くことが精一杯のマイクさんは、愛するトレイシーさんの体が切られていくのをぼんやりと見つめていましたそうです。

そしてトレイシーさんのお腹から赤ちゃんが取り出され、医師たちは赤ちゃんが泣くのをしばらくら待ちましたが・・・

マイクさんに告げられた言葉は

死産です

愛する妻と誕生を待ちわびた息子を同時に失ったマイクさんの当時の心境は、想像を絶するものだった思います。

「母子ともに健康です」って聞けると思っていたはずなのに、2人とも死なんて信じられないですよね。

スポンサーリンク

医師は、悲しみに打ちひしがれるマイクの腕に死産で生まれた赤ちゃんを抱かせました。

その時奇跡が起きたのです!

なんとトレーシーさんの脈が突如復活、医師達は慌てて彼女の帝王切開の手術を終わらせる手術を行いました。

まだ手術終わらせてなかったんですね。(笑)

 

その間、他の医師達は赤ちゃんをお父さんに抱かせたまま、赤ちゃんの呼吸復活に挑みました。

すると、その小さな男の子の胸がゆっくりではありながら上下に動き出したのです!

そして次の瞬間大きな声をあげて泣き出しました。

これにはマイクさんのみならず医師たちも驚き歓喜に沸きました!!

なんという奇跡!!!

悲しみから一気に喜びに変わったことでしょう。

 

マイクさんももちろんですが、その場にいた医師や看護師もすごく喜んだんじゃないかと予想しています。

 

その後、母親トレーシーさんもColtyn Mikel(コルトン・マイケル)と名付けられた赤ちゃんもどちらも無事に回復しました。

trasy6

マイクさんにとって地獄のような現場が一気に明るくなりました。

 

マイクさんとトレイシーさんは息子の誕生を手を取り合って喜び泣いたそうです。

christmas-miracle

その後トレイシーさんにも男の子にも異常がでることなく、

健康に幸せに暮らしているそうです。

死産と言われた男の子が特に異常もなく普通に過ごしていることがすごすぎます!!

スポンサーリンク

毎年クリスマスが来ると、生かせてもらったこの命に感謝してお祝いするそうです。

traysy4

この奇跡はサンタさんからのプレゼントかもしれないですね 🙂

まとめ

奇跡ってほんとにあるんですね!クリスマスの奇跡。

素敵なお話です。

一気に2人もの家族を失ったかと思われたのに、2人とも回復。

こんなうそみたいな本当の話があるなんてやっぱり信じられません!(笑)

放送を楽しみにしたいと思います!

(関連記事)

「できるできるできる!」幼稚園児が起こした奇跡の跳び箱!諦めず10段の跳び箱を跳ぶ姿や応援・円陣に感動!【世界衝撃事件】

メテニー夫婦の愛犬オリーを襲った病「ダニ麻痺症」とは?原因不明の衰弱から奇跡の復活で結末は?【アンビリバボー】

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yuhiya162724/yuhiya1627.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yuhiya162724/yuhiya1627.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yuhiya162724/yuhiya1627.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す