アンソン殺人事件の犯人はベス・カーペンター!真相やキムや娘の現在は?【アンビリバボー】

2017年1月12日(木)  19時57分~ 放送の『奇跡体験!アンビリバボー』では

結婚から間もないカップルとその家族を巡って起きた、悲劇】を取り上げます。

1993年1月、アメリカである結婚パーティーが行われました。

幸せいっぱいの新郎新婦を祝うはずの挙式、しかしそれから1年後、最悪の悲劇が起こりました・・・。

結婚パーティーの主役は、キムアンソン

2人はバツイチ同士でした。

 

そしてキムには前夫との間にできた子供・レベッカがいました。

 

キムの母・シンシアとキムの父・ディックは2人の結婚に反対していました

結果として孫を奪う事になった娘の結婚を許せなかった。

そんな両親から相談されたキムの姉ベスは新米弁護士でした。

 

実は結婚パーティーの数カ月前、姉妹は法廷でレベッカの親権を巡った激しい戦いを繰り広げていました。

パーティーの後も両親の孫に対する思いを受け、再びベスは裁判を起こしました。

そんな最中、事件は思わぬ方向に!!全米が驚愕した事件の真相とは一体!?

アンソン殺人事件の真相

1994年3月10日の朝、

アメリカのとある高速道路で、男性の遺体が発見されました。

 

男性は、銃で5回撃たれて殺されていました。

男性の名前は、アンソン・バス・クリントン3世(当時28歳)

 

5回も撃たれていたってことは怨恨でしょうか?!

 

なぜアンソンは殺されたのでしょうか?

 

真相は以下

 

1993年1月、アメリカ・コネチカット州でのこと

殺されたアンソンと、キム・カーペンターは、結婚をしました

 

お互いに、バツイチ同士で、キムには、前の夫との間にできた子供、当時2歳の
レベッカがいました。

幸せなカップルに見える2人ですね。

kimu出典:theday.com

しかし、妻であるキムは、アンソンと結婚する前に、彼とデートするために、

両親のシンシアとディックに娘を預けっぱなしにしていました。

 

スポンサーリンク

キムの両親は、

3人の住まいが、アンソンの両親の家の裏にある、物置小屋だと知った時に2人の結婚に反対しました。

 

物置小屋って・・・せめて両親の家で暮らせなかったのか・・・

確かに反対したくなる気持ちもわからなくはないですよね。

 

さらに、アンソンは看護助手でしたが、その後、男性ストリッパーとなりました。

 

すごい転職ですね!!

でも職業で嫌がるのは偏見ですよね。

 

可愛い孫娘が、劣悪な環境で育っており、

さらに、子育てをおろそかにする娘・キムに加えて、信頼できないアンソン

 

キムの両親のシンシアとディックは、

孫娘・レベッカの親権を得ようとキムの姉で、

新米弁護士のベス・アン・カーペンターに相談しました。

besuBeth Carpenter in 2001. (MICHAEL MCANDREWS)

姉のベスは、ワシントンDCの有名な大学で国際法の学位を取得した優秀な方だそうです。

べスハーマン・クレインという上司の下で弁護士として働いていたそうです。

ha-manHaiman Clein  出典:theday.com

ベスは、レベッカの親権を両親のシンシアとディックに渡そうと、

アンソンレベッカへの虐待を訴え、裁判を起こします。

 

しかし1993年11月

裁判所は、レベッカの親権は、

アンソンと、キムにあると決定。

 

虐待が証明できなかったんでしょうか?!

本当に虐待があれば裁判には勝てそうな気もするのですが・・・

スポンサーリンク

両親のシンシアとディックは、その決定に、大変ショックを受けました。

 

そして、1994年3月10日の朝

アンソンは死体となって発見されたのです。

 

 

犯人は孫を取られたキムの両親ではないかと推測で出来ますが・・・

 

アンソンを直接殺害したのは、

 

全く関係のないドラックの売人だったそうです。

 

しかし、ドラッグの売人に、殺害を依頼したのは、

 

 

キムの姉・ベスの上司で恋人のハーマン・クレインでした。

 

そして、

ハーマン・クレインに、アンソンの殺害依頼をしたのは、ベスだったのです。

なんだか複雑。

 

ベスは、可愛い姪であるレベッカを、虐待するアンソンから遠ざけたかったにも関わらず、裁判では、負けてしまいました。

そのため、レベッカをアンソンから守りたかったから来る犯行だったんでしょう。

 

犯人逮捕までの経緯は次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す