北極航路遠征隊(フランクリン遠征隊)が北極海で失踪!2014年9月に氷で閉ざされた船が見つかった!世紀の大発見で原因究明なるか!【世界まる見え】

北極航路遠征隊:フランクリン遠征隊の航海ルートは

フランクリンの失われた航海の推定ルートは以下。

kouro出典:Wikipedia

1845年夏、グリーンランドのディスコ湾(5)からビーチー島に向かい、コーンウォリス島(1)を周回しました。

翌1846年夏、プリンスオブウェールズ島(2)とサマーセット島(3)の間のピール海峡を下ってブーシア半島(4)の西へ出て、キングウィリアム島(緑色)近くに至りました氷に閉じ込められました。

 

船を放棄するまでの航路については、

キングウィリアム島に残されたフィッツジェイムズとクロージャーの書簡の記述により判明しました。

 

1846年9月12日より氷に囲まれ、

1848年4月22日エレバス号ならびにテラー号を放しました。

スポンサーリンク

1年半もの間船に閉じこもっていたとはすごいですね!

精神的苦痛があったに違いありませんね。

 

1848年4月22日に一行は船を放棄して陸路カナダ本土のバック川(当時はグレート・フィッシュ川とも)方向に向かうこととなりました。

 

確かな記録として確認できるのはここまでであり、南に向かった遠征隊の生き残りの足跡は明らかではありません。

 

ただ、イヌイットの目撃証言・遺骨や遺物が

キングウィリアム島西岸・南岸・カナダ本土に渡ったアデレード半島に死屍累々と

残っており、世界の探検史上例を見ない死の行軍だったことがわかります。

 

失踪したエレバス号とテラー号発見

 

2014年では、「ビクトリア海峡遠征隊」の旗の下に大掛かりな調査が行われました。

捜索の結果、9月8日にキングウィリアム島沖のビクトリア海峡でほぼ原形を残した

エレバス号が発見されました

huneere(Photograph by Parks Canada)

水深12mの浅瀬にあったそうです。

温暖化で氷が溶けて、見つかったんでしょうか?!

スポンサーリンク

まだ内部に入るのは危険なため、調査は行っていないそうです。

 

船内の調査ができればより真実に近づきそうですね。

 

 

2016年にはエレバス発見地点よりもさらに北方の海底で、ほぼ無傷の状態で直立しているテラーも発見されました

tera

 

船内には缶詰やワインボトルなども確認できたそうです。

全くの無傷で状態も良いそうなので、船内調査ができる可能性もありますね。

 

今後の調査の進展に期待ですね。

 

まとめ

今回の『世界まる見え!』では170年以上前に失踪した船が最近発見されたため、

【フランクリン遠征隊】についた放送されるようです。

放送では

新たな情報もあるとおもいますので、

気になる方は是非チェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事】

トムラウシ山遭難事故はなぜ起こったのか?概要や原因はガイドや低体温症?その後は?調査報告書がリアルで怖い!【アンビリバボー】

ヴァリグ・ブラジル航空254便墜落事故!航空機事故の真相は?【世界まる見え】

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す