幻の駅弁「かれい川」とは?売っている場所や味・口コミは?【沸騰ワード10】

10月14日(金)19:00~放送の『沸騰ワード10』では

幻の駅弁「かれい川」

が紹介されます。

はたしてその駅弁とはどんなものなんでしょうか。

味や購入方法を紹介したいと思います。

幻の駅弁「かれい川」の姿は?

「百年の旅物語 かれい川」

かれい川

ぱっと見そこまで人気なの?というう感じがしますが

中身を見ていきましょう!

 

まずはメインの

「がね」

上の写真の中央左に入っているやつです。

 

サツマイモとニンジン、にら、生姜が入った鹿児島の郷土料理で、揚げ上がった姿が蟹に似ていることから「がね」と付いたそうです。(鹿児島では蟹をガネと呼ばれます)

スポンサーリンク

お肉は使っていないけど、ボリューミーでおいしそうですね。

サツマイモを揚げたやつ...どんな味がするんでしょうか?!是非食べてみたいです。

 

次は。。。

「炊き込みごはん」

これは霧島市の棚田で取れた「ひのひかり」を使用した筍と椎茸の入った炊き込みご飯です。

写真をみて分かるよう大きな筍と椎茸が3つも入っていますね。

 

私はご飯大好きで、炊き込みご飯も大好きなので今すぐにでも食べたいです。

「コロッケ」

ガネの右に入っていますが、中身は筍と椎茸が入っているそうです。
そして写真の下の3種のおかずは

「茄子と南瓜の味噌田楽」

「千切り大根と茄子の煮物」

「スセ」大根と人参の酢の物

野菜が多くヘルシーでありながら、ガネが大きくボリュームは

ありそうです。

スポンサーリンク

 

女性に人気がありそうなメニューですね。

お肉がいっぱいの焼肉弁当や唐揚げ弁当も大好きですが、こういう素朴っぽいお弁当もすごく美味しそうです 🙂

続きは次のページで

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す