深海魚白い坊主の正体はアブラボウズ!美味しいけど食べ過ぎると下痢で危険!?食べ方や料理法は?【有吉弘行のダレトク!?】

6月7日(火)23:00~放送の『有吉弘行のダレトク!?』

のコーナー、見た目はキモいが食べたらうまいものを調査する「ダレトク!?キモうまグルメ」では芸人の厚切りジェイソンさんが深海2000メートルに暮らす深海魚「白い坊主」の捕獲に挑みます!

深海魚って見た目が黒いものが多いですよね。

食べたら美味しいと聞きますが、その容姿を見た後で食べる気がなかなか起きなさそう・・・。(笑)

今回紹介される深海魚「白い坊主」とはいったいどんな魚なのでしょうか!?

美味しい食べ方なども紹介します!それでは早速見ていきましょう!

深海魚白い坊主の正体は「アブラボウズ」

深海2000メートルに住む深海魚白い坊主の正体は「アブラボウズ」という深海魚でした。

深海魚にしては見た目はいたって普通の魚に見えます。

アブラボウズとは深海魚カサゴ目ギンダラ科に属する魚で、大きさは大きい物だと体長183センチ、重さ91キロに達するそうです。

カサゴ目の中では最も大きい魚なんだそうです!

普通の一般男性よりも大きいですね!!

180センチ超えの魚って・・・。

スポンサーリンク

ちょっと怖いですね。

なんで白い坊主と呼ばれているのでしょうか?

アブラボウズは白身魚だから?

それとも白い斑点があるから?

どうなんでしょうか!?

アブラボウズを食べ過ぎると危険!?下痢をするって本当?

アブラボウズを食べ過ぎると危険なんだそうです!

危険てなに!?

体に有害のものを含んでいるとか!?ってちょっとビビってしまいましたが、そうではないようです。(笑)

アブラボウズは名前のに脂という字が入っていることから想像つく方もいるかもしれないのですが、非常に多くの油を含んでいる魚なんだそうです。

体の約40%がトリグリセリドと呼ばれる脂質で、この脂質を分解できない人はお腹を壊して下痢をしてしまうんだとか。

脂そのものにはなんの問題はないようなので、食べ過ぎたとしても病気になるなどといった危険はありません。

しかし、1食につき刺身で60g以上、焼き身で120g以上食さないようにとの行政指導を行っている地域もあるそうです。

とっても美味しくてついつい食べ過ぎてしまうと下痢になってしまい、オムツが必要なほどになる可能性もあるようなのです。

以前私もテレビで見たことがあるのですが、このアブラボウズは脂がのっていて食べ過ぎてしまい下痢をするのですが、力まなくても脂が勝手にでてきてしまうそうです。

そのため食べる際には注意が必要だそうです。

確かに違う意味で危険な魚ですね!(笑)

お腹いっぱい食べたいときは近くにトイレがあることろで食べるがオムツをはいて食べないといけないかもしれませんね。

だけどそれだけ脂がのっていたら途中でもういやになってしまいそうな気もしますね。

白い坊主の値段や料理法については次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す