命を奪う刺身のツマ海藻オゴノリとは!?生食で食中毒!?安全な食べ方は?【仰天ニュース】

6月29日(水)21:00~放送の『ザ!世界仰天ニュース』は

危険地帯&危険な食べ物2時間スペシャルです!

今回の放送ではある海藻を食べた夫婦が30分後に食中毒となり病院に運ば、夫は治ったが妻はそのまま死んでしまったという話があります。

そんな危険な海藻があったなんて知りませんでした。

アブラボウズという魚は毒性はないけれど、違う意味でちょっと危険な魚なんです。

その海藻とはいったいどんな海藻なのでしょうか!?

そして海藻の安全な食べ方とはいったいどういう調理法なのでしょう?

それでは早速見ていきましょう!

命を奪う刺身のツマとしても食べられている海藻とは?

死の危険すらある海藻とはいったいどんな海藻なのでしょうか!?

それは、オゴノリという海藻です。

私は海藻については全然詳しくないので、名前を聞いてもさっぱりわかりませんでした。

海中にいるときはこんな茶色っぽい色をしていますが、火を通すことできれいで鮮やかな緑色になります。

海藻って昆布やわかめもそうですが、火を通したらきれいな色になりますね。

スポンサーリンク

食感はシャキシャキ、こりこりしていておいしいそうです。

海藻は食感がよくて美味しいし、ダイエットにもいいし私は大好きなのですが、死の危険もあると聞いてちょっと怖くなってしまいました。

オゴノリの危険性について

刺身のツマとして出されるぐらいですから、安全な食べ方で食中毒を起こすということはまずないでしょう。

オゴノリの危険性について調べてみました。

オゴノリが危険なのは自分たちで採って加熱せずにそのまま食べてしまった場合に引き起こす食中毒なんです。

加熱せずに食べてしまった場合の食中毒は発生頻度が高いそうで、重症化すると今回の放送にあるように「死亡」という最悪の事態になってしまう可能性もあります。

正直、海藻を食べて食中毒を引き起こすなんてほとんどの方が思いもしないのではないでしょうか。

私もこの放送まで知りませんでした。

なので自分で採ってきてそのまま食べたらお腹が痛くなったり、嘔吐をしたりという食中毒を起こす事例が発生しているのでしょうね。

オゴノリ自体によって作られるプロスタグランジンという成分によって食中毒になるという説や、オゴノリ自体には毒はないけれど、オゴノリについているプランクトンに毒がついているためオゴノリと一緒にプランクトンを食べて食中毒になるという説があるようですが、明確ではないそうです。

オゴノリの安全な食べ方については次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す