医学博士の大川弥生が東北発☆未来塾に登場!wiki風プロフィールや経歴!生活不活発病とは?

4月4日(月)23:00~放送の『東北発☆未来塾』 ドクター大川のハツラツ診療所(1)動かないと 人は病むのよに医学博士の大川弥生さんが出演します。

医学博士でリハビリの研究を続けていて、「生活不活発病」という病気の名付け親でもある大川弥生さん。

生活不活発病っていったいどんな病気?

大川弥生さんっていったいどんな方?

大川弥生さんについて詳しく見ていきましょう!

 

大川弥生さんwiki風プロフィールや経歴

引用:https://actkenkyujo.sakura.ne.jp/aboutus/member/000093.html

名前:   大川 弥生

生年月日:   1954年

出身地:   佐賀県みやき町

出身大学:   久留米大学医学部大学院

職業:  医師 医学博士

芸能人ではないので情報が少ないですが、大川弥生さんは現役の医師として活躍されています。

東京大学助手、帝京大学准教授を経て、国立長寿医療研究センター生活機能賦活研究部部長で、専門は、生活機能学、リハビリテーション医学、介護学です。

なにやら難しい言葉がいっぱい並んでいますね。

私には未知の世界でよくわかりませんが、とても頭の良い方のようですね。

スポンサーリンク

女性の医師というのは最近ではそんなに珍しくはなくなってきた気もしますが、まだまだ男性医師の方が割合的には多い気がするので、女性医師と聞くだけでものすごくかっこいい気がします!

著書も出版されています。

  • 「目標指向的介護の理論と実際 :本当のリハビリテーションとともに築く介護」中央法規出版,2000.5
  • 「新しいリハビリテーション :人間「復権」への挑戦」2004.2.講談社現代新書
  • 「介護保険サービスとリハビリテーション :ICFに立った自立支援の理念と技法」中央法規出版,2004.5
  • 「「よくする介護」を実践するためのICFの理解と活用 目標指向的介護に立って」中央法規出版,2009.7
  • 「「動かない」と人は病む : 生活不活発病とは何か」2013.5.講談社現代新書

 

その中でも1番最近出版されている、「「動かない」と人は病む : 生活不活発病とは何か」の

生活不活発病』というものについて詳しく見ていこうと思います。

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す