池田貴族(ロックスターI)の残された妻・一美と娘・美夕の今現在は?経歴やがんの闘病生活【爆報!THEフライデー】

2017年2月10日(金)  19時00分~ 放送の『爆報!THEフライデー』では

残された妻は今&芸能人の田舎暮らしSP】を放送します。

残された妻は今…では

ロックスターIの残された妻。

夫の闘病中に看病を拒絶し病室から逃亡…

そこにはがん患者家族に起こる深刻な問題が!

さらに今、妻は介護の仕事をしていた!その理由とは?

 

ロックスターIとは『池田貴族』さんという方だそうです。

私ははじめて聞きました!

なので調べてみました。

池田貴族のwiki風プロフィール

出典 matome.naver.jp

名前:池田貴族(いけだきぞく)

本名:池田貴(いけだ たかし)

生年月日:1963年5月8日

出身:愛知県名古屋市

学歴:愛知県立千種高校出身

 

高校卒業後上京し、渋谷の歩行者天国(ホコ天)を活動拠点とする

ロックバンドremote(リモート)を1987年に結成しました

 

その後、渋谷のホコ天で一番人気の呼ばれるほどになり、

オーディション番組「三宅裕司のいかすバンド天国」(イカ天)に出演いたそうです。

物怖じせずに発言する池田貴族さんの態度が評判を呼び、話題性はさらに大きくなりました。

1990年のメジャーデビューからわずか2年で解散するまで、数枚のシングルとアルバムをリリース。

その間にはみうらじゅんさんらとシーモンキーズをインディーズで結成するなど、積極的に音楽活動を展開していました。

 

 

メンバーの軋轢によりremoteは解散!

その後は単独の音楽活動のほか、作家や霊能タレントとしての活動も行っていたようです。

特に霊能については、父親が霊能師で池田貴族さんもその影響で霊感が強いのではと言われてたそうです。

 

一方恋愛面では、

1992年に一美さんという元タレントの女性と同居を始め、

1996年の七夕に入籍・結婚しました

スポンサーリンク

一美さんは今回の爆報にもゲストとして出演されます。

 

池田貴族のがん発症

それは1996年、池田さんの母親が東京の池田貴族さん宅を訪れたときに

母親が池田貴族さんの顔色の悪さに心配し、病院で検査したそうです。

そしたら、なんと肝細胞がんが発覚したのです。

 

その後、手術し肝臓の4分の1を切除したそうです。

 

この時、池田貴族さんの病状はステージ3でした。

5年後生存率は50%だそうです。

 

手術後、池田貴族さんは順調な回復を見せ、

しかも一美さんが妊娠するという喜ばしいニュースもありました!!

 

手術の際に、1歳の姪の存在に癒されたのもきっかけの一つのようです。

姪で癒されるならわが子なら相当励みになるはず!!

それまでは『子供はいらない』と言っていたそうです。

 

妻・一美さんの妊娠に池田貴族さんは大いにはしゃいでいたそうです。

 

しかし事態は急転直下。

がんの再発が発覚したのです。

手術からわずか10か月後のことでした。

 

池田さんは定期検査の後、必ず自宅に結果を伝える電話をしていました。

でもその時に限って一美さんのもとへは一向に電話が来ず、

大分時間がたった後に池田貴族さんが帰宅し

ごめん、再発した」と告げました。

スポンサーリンク

その時の2人の気持ちを想像すると・・・

なんで・・・という感じですよね!!

 

池田貴族のがんとの闘いとは

再発したがんは進行性で、ステージ4aというものでした。

がんのステージは1から4までしかなく、

4aとは治る見込みはほとんどないというものでした。

 

 

再度手術して部位を切除し、後は抗がん剤による治療が始まりました。

そのような中で、長女が誕生しました。

名前は美夕(みゆう)ちゃん。

出典:YouTube

池田貴族さんと一美さんが出逢い、入籍した七夕の頃から、この名前になったそうです。

池田貴族さんは

子供のために死ぬわけにはいかない」と前向きだったそうです。

最初の手術では「痛い」「かゆい」と、そればかりだったのに、

このときは一刻も早く退院しようと、模範的な患者だったそうです

 

娘・美夕ちゃんの誕生が、池田貴族さんががんと闘うエネルギー源となっていったのですね。

池田貴族さんの伝説のライブ『貴族大生前葬』や一美さんの現在は次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す