女子バレー宮部藍梨のwiki風プロフィール!身長や股下、彼氏や妹は?どこのハーフ?動画アリ!

5月14日からバレーボールの世界最終予選2016が始まります!

前回のオリンピックで銅メダルを獲得した全日本女子チーム「火の鳥NIPPON」。

今回のオリンピックでもメダルが期待されますね。

その前にこの世界最終予選で上位3チームかアジア登録地区チームの1位になればオリンピックに出場できます。

今回もきっと全日本女子チームはオリンピックに出場できるだろうと期待して、テレビの前で応援したいと思います。

そんな今回は期待の星

宮部藍梨さんについて紹介したいと思います。

宮部藍梨さんは現在高校3年生で全日本女子のメンバー入りし、今後のバレー界を引っ張っていくであろう方です!!

では早速宮部藍梨さんについて詳しく見ていきましょう!

宮部藍梨さんのwiki風プロフィール!ハーフ?

名前:   宮部 藍梨 (みやべ あいり) 

生年月日:   1998年7月29日

身長:   181センチ

体重:   63キロ

出身地:   兵庫県尼崎市

宮部藍梨さんは現在17歳で高校3年生です。

大阪府にある金襴会中学に入学し、高校はそのまま持ち上がりで金襴会高等学校に通われています。

小学校3年生から友達に誘われてバレーボールを始めたそうです。

バレーボールを始めてからはどんどん頭角を現していき、2013年の全国都道府県対抗中学バレーボール大会では、最も将来有望な選手に与えられるJOC・JVAカップを受賞したり、2014年10月のアジアユースバレーボール選手権では優勝に貢献したとのことでMVPを受賞されています。

そして2015年にはたった1人高校生で全日本女子メンバーに選出され、その年の7月に開催されたワールドグランプリでのイタリア戦ではチーム2番目となる18得点をあげ、輝かしいシニアデビューを飾りました。

そんなイタリア戦の動画がこちらです↓

スパイクを打っている姿がかっこいいですね!!

スポンサーリンク

とても高校生には見えません!

小学校3年生からバレーを初めてたった数年でアジアで優勝したり、全日本女子メンバーに選ばれたりと才能があったのでしょうね。

宮部藍梨さんはナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフです。

外人の血を半分受け継いでいるからこんなに身体能力が高いのでしょうか!?

母親は運動が苦手だったようなので、父親の遺伝子を受け継いでいるのでしょう!

宮部藍梨さんは笑顔がとっても可愛くて素敵ですね 🙂

宮部藍梨さんのポジションや身長や股下については次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す