全日空857便(函館)ハイジャック事件の犯人の名前や動機は?告井延隆によって事件解決!?【アンビリバボー】

6月30日(木)19:00~放送の『奇跡体験!アンビリバボー』は

日本を揺るがせた大事件!衝撃真相SPです!

今回の放送は1995年に起きた全日空857便ハイジャック事件について取り上げられるそうです!

たまにハイジャック事件をニュースで目にすることがありますが、怖いですよね。

それに飛行機の中なら全く身動きが取れない状況ですしなおさら乗客のみなさんは怖かっただろうと思います。

私はまだ幼くて事件の概要や犯人など詳しいことを知らなかったので、今回は全日空857便ハイジャック事件について調べてみました!

それでは早速見ていきましょう!

全日空857便ハイジャック事件(函館ハイジャック事件)とは?

この事件は1995年6月21日に起こりました。

東京国際空港(羽田空港)発、函館空港行きのANA857便が11時45分頃、山形県上空あたりを飛んでいたときにある一人の男性によってハイジャックされました。

犯人の男性は当時強制捜査を受けていたオウム真理教の信者であると名乗り、サリンを所持していると乗務員を脅し、「全ては尊師のために」と言って、

乗員・乗客365人を人質に取り機内に立てこもっていました。

犯人はサリンが入っているビニール袋の他にも、プラスティック爆弾を持っており、CAに「機内にいる仲間も同じものを持っている」と話していました。

犯人は複数犯だとサリンを持っていた男は思わせていました。

スポンサーリンク

サリンといえば地下鉄サリン事件や松本サリン事件を思い出しますよね。

機内でサリンを撒かれてしまってはいけないので、乗客のみなさんは怖かったことでしょう・・・。

ハイジャックされた全日空857便は全面封鎖された函館空港に着陸しました。

犯人は函館空港に到着するとCAに

「1階にいる乗客全員の目と口をガムテープで塞ぎ、すべての窓を閉める」

ように指示しました。

犯人からの要求は麻原彰晃の釈放と給油して羽田空港に引き返すことでした。

犯人は機長やCAを通じてしか機外と話をしなかったので警察と交渉することができず、犯人像もつかめないので警察は焦り、苦労したそうです。

犯人は人質解放を一切拒否し、羽田空港に戻ることだけを頑なに要求していました。

1人のCAを除いた乗員・乗客を機内の後方にやり、カーテンで仕切られた前方には犯人と残ったCA1人のみになりました。

犯人は機内の見回りを1時間に1度ほど行っていて、その都度上着を替えていたそうです。

複数犯だと思わせるために・・・。

しかし、なかなか見回りに来ない犯人に乗客たちの緊張は少しずつほぐれていき、ある1人の乗客が行動を起こしたのです!!

続きは次のページで!!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す